この子はベルギーの市で買ったマリオネット♪


by Lukia_Tono
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

内装その③

本や資料の山積みを写してない。綺麗なところだけ写真に残してる。
b0013445_1143981.jpg

聴診器ホルダー。胴体部分に聴診器の長いところを通して使う。本来は子供や認知症老人の気を引くために作られたもの。真実としては、私自身の自己満足のためにネットで購入し使用。確かピンクのウサギには『草野ぴょん太』、クリーム色の猫には『フランソワーズ・ニャンコン』とかそんな名前が付いていた。同期や看護師さんからは驚かれ、小児からは奇異の眼差しで見つめられる。でも、かわいいんだもん!いいじゃないか!私には最高の一品。
b0013445_11432954.jpg

[PR]
# by Lukia_Tono | 2007-02-03 12:08

マイクロサージャリー

現在耳鼻咽喉科研修中。

顕微鏡での手術は元々憧れだったけれど、簡単な鼓膜切開・チュービングをやらせてもらっていて、やっぱり楽しいと実感。耳垢取りも最高!細かいのが好きなのだ。
耳鼻咽喉科領域の疾患は処置によって症状が顕著に改善するから、やりがいがある。
専門性が高く、患者が子供から老人までと幅広いのも魅力的。
「感じやすい」場所だから、心気症の患者も非常に多い。

頭頸部癌があんまりにmiserableだから専門としては避けていた科だったけれど、もっと早くに研修していたら選んでいたかもしれない。精神科で指定医を取って、心気症の人にもうまく対応できるようになってから耳鼻科転向もいいかもね・・・な~んてね。
[PR]
# by Lukia_Tono | 2007-02-02 23:11 | 脳内遊園地(日記)

内装その②

今日、研修医棟の二つ隣の部屋が火事になりました。
外来にいる時にサイレンが鳴り、最初は避難訓練かと思っていたら本物でびっくり。しかも出火場所が私の部屋がある階じゃないですか。
もしや私の部屋が燃えている?! そんなばかな・・・嫌だー!! 正直パニクリました。

研修医棟と言っても、外来棟の上の階をそう呼んでいるだけです。
放送は患者さん達に非難指示を出していません。大したことないのか?ならば見に行くべきか?それともとどまるべきか?・・・迷いましたが、同じ階に部屋のあるレジデントの先生と行ってみることにしました。
階段は焦げた嫌な匂いで充満していました。化繊の燃えた匂いなのでしょう。救命当直中に火事で運び込まれた患者さんからする、あの独特な匂いと同じ匂いがしました。
前を院長が駆け上がっています。行っても大丈夫なんだと認識しました。
目指す階にたどり着くと、うっすらとした煙の中に、消防隊だけでなく、看護師長達、事務の人々、医者や看護婦達が集まっていました。
私の二つお隣の部屋のドアがあいていて、消火器の粉だらけ、水浸し。通路も粉だらけ。

ベッドが燃えただけで済んだようですが・・・。原因はまだわかりません。
あ~びっくりした!大事に至らずにすんで良かった!


そんな燃えずに済んだ内装の写真です。少し焦げ臭くなっちゃったけど。

ルネ・マグリットのポスターとウィンドウチャイム。部屋の中は風が吹かないので音が鳴ることはないけれど、キラキラ感がお気に入り。
b0013445_0393819.jpg

仮面は2004年にベネツィアで買ったもの。美人さんです。
b0013445_039257.jpg

2005年にベネツィアから連れてきた長靴をはいた猫。可愛くて雰囲気もあります。
b0013445_03926100.jpg

[PR]
# by Lukia_Tono | 2007-01-30 23:38

雑穀菜食ランチ

今日は洗濯が終わるのを待っているすきに、近くにある公園のカフェにランチをしに行ってきました。
とても近くにあるのに、こんな感じでフラッと行ったのは初めて。
小一時間程ゆったりのんびりできて、散歩もして、素敵な時間を過ごせました。

昨日の夕食、本日の朝食、昼食の3食分としては少なめ。当たり前か。
b0013445_23422150.jpg

屋上にも庭園があります。
b0013445_23423888.jpg

庭園に咲いていた福寿草。
b0013445_23425250.jpg

夜、病院の寮から見ると、小窓から明かりが漏れてメルヘンチックだと思っていた建物。
公衆トイレだったとは・・・。
b0013445_2343375.jpg
b0013445_23431322.jpg

残念なことに、やっぱり私はゆるゆるな時間が大好きだ。バリバリ働いて24時間病院内にいるのよりもね・・・。
今度はシチューを食べに行きたいな。
[PR]
# by Lukia_Tono | 2007-01-27 23:38

内装その①

もうすぐ病院寮から出て行かなければならないので、記念に部屋の内装を写真に残しておくことにする。かなり趣味入ってる。

b0013445_162267.jpg
b0013445_163985.jpg

[PR]
# by Lukia_Tono | 2007-01-24 01:08

一周忌

b0013445_0263349.jpg


美味しい?フニャプチン、嬉しい?
人間の場合ナマモノはいけないんだろうけど・・・まぁいいよね。
いっぱい食べてね。

まだメソメソしている私。ペットロスに詳しい精神科医になろう。
それから殺処分される猫達を救えるように、何かできることを探してみよう。
勇気を出して。
[PR]
# by Lukia_Tono | 2007-01-23 23:52

風林火山①

テレビ欄に『ガクト』と名前が載っていたので、何故もう出番?と思いドキドキしながら見たら・・・
冒頭一瞬だけ!!例の白い頭巾被ってた!!!やっぱり被るんだ!!!
それでも格好イイです。妖しい雰囲気出ていました。軍神というか・・・妖怪の親玉?いや、それがネ申っぽいということか。
早く出番来ないかな。

内野聖陽さん山本勘助、なかなか良かったです。山本勘助像に思い入れが全く無いので、私には素直に楽しめそうです。身体的なハンディキャップがある分、頭使って敵を倒すところが面白いですね。
寺島進さんはあれで終わりですか。私の中では『茶の味』に出てくるヤクザの亡霊のイメージが強く残ってしまっているので、ついつい画がダブり、頭の上にう○○が乗っているような気がしてなりませんでした。失礼。
[PR]
# by Lukia_Tono | 2007-01-07 22:30

補聴器

祖父の耳が遠くなった。
テレビもラジオも大音量。けれど本人はそれに気がついていない。
話しかけてもよく聞こえないから見当違いの返事をする。近所の人から呆けたと勘違いされた。
皆で談笑していても祖父だけほとんど聞こえていないから、まるで祖父の前で内緒話をしているような気分。
聞こえるように大声で話しかけていると、こちらが疲れてお喋りを全く楽しめない。祖父と話をするのが億劫になった。
そんな状態で車を運転している。エンジンの音すらよく聞こえていない。散歩していてもクラクションに気づかない。踏み切りを渡るときどうしているのだろうか?
危険だ。危険過ぎる。

嫌がる祖父を引っ張っていって、補聴器を作らせた。値段が・・・凄い。でもしようがないよね、医療機器は高くて当然。
試着した時、普通に会話ができた。祖父に笑顔がこぼれた。私も嬉しい。またお喋りができる。

今度祖父の家に行くのが楽しみだ。
[PR]
# by Lukia_Tono | 2007-01-03 20:26 | 脳内遊園地(日記)

初夢

祖父の家でこれでもか、というくらい寝ています。
明らかに寝すぎ。自分でも何故こんなに眠れるのかわからない。

初夢にGacktが出てきました。Youさんも出てきました。
しかしその後、寝すぎて詳細をよく覚えていない・・・残念。
でもGacktと一緒に笑っていた。そして私はGacktから何かを頼まれていた。
何を頼まれていたのか?私はスタッフになった夢でも見たのだろうか?
まぁ、いいや。嬉しい初夢でした。
[PR]
# by Lukia_Tono | 2007-01-03 00:05 | 脳内遊園地(日記)

謹賀新年

2006年から2007年へ。除夜の鐘の音が鳴り響く。年の変わり目のその瞬間を、私はフニャプチンの骨壷を抱っこして過ごした。

それから毎年恒例の元朝参りに行った。

去年はフニャプチンの病気平癒を必死に願ったけれど・・・叶わなかった。
おみくじ大吉だったのに。

だから今年は正直行こうか迷った。でも、その点以外のことで相当守ってもらった気がするので、やはり行くことにした。

夜中なのに、神社は地元の人々で大賑わい。お囃子が心をウキウキさせる。冷え切った身体が、どんどん焼きの火で温まる。これが氏神さんのぬくもりか。『ありがたい』と素直に思えた。
お賽銭を投げて、いつもお世話になっているお礼と願い事、目標を心の中で唱えた。

どんどん焼きの火にあたりながら考えたこと。
もし違う時代や国に生まれて、戦争や貧困、疫病で苦しんでいたら・・・。いつも死の危険にさらされていたら・・・。こんな風にぬくぬくと新年を祝うことはできなかっただろう。
飼い猫の死や普段の不満、悩み事、そういった問題に頭を支配されていられること自体、幸せなのかもしれない。

神社で振舞われる甘酒は時々しょっぱい。塩と砂糖を間違えたのではないかと思うくらいに。毎年甘いことを願って口にする。
今年は多少塩気を感じたが、甘かった。
[PR]
# by Lukia_Tono | 2007-01-01 12:08